Jan_Stawasz

2017年05月23日

Janさん赤本ドイリー6(3段目)

 
3段目終了。4段目に突入。




3段目。
結局最後まで目数が覚えられないまま終わった(笑)。
Janさんメソッドが入ると覚えにくいんだよなぁ。
大変だったけど楽しかった段。


4段目。
こちらはJanさんメソッドがないせいか、すぐ覚えられた♪
単純な段ですが、小さくてピコがない解きにくいリングなんだよね~。
間違えると修復が大変なので緊張感を持ってやらないとね。


可愛らしい段染めですが、ちょっとうるさくなってきた…。
そう感じるのは暑くなったのもあるかも。

というか、糸とデザインの相性が良くないのカモ…?という気がしてきた。
Janさんのデザインはみっちり込み入っているのが魅力なので、
単色の方が映えるのか。

逆に段染めはもっとすっきり余白があるデザインで、
部分使いした方が可愛さが生きるような。

うーん…、難しい(笑)。



参考:Tatted Treasures (Jan Stawasz)



2017年05月20日

Janさん赤本ドイリー6(2段目)

 
3段目に入りました~♪
タティングはキリの良い所より、
途中の様子を残した方が何をやっているのか分かりやすいかな?




2段目。
特に難しい所はなくさくっと完成。

・・・あ。
Janさんのお手本はピコに大小をつけてあります。
小・大・小の3連ピコで三つ葉になっていたりして可愛いの。

そこまでしている余裕がないので、見なかった事にしています(笑)。
だから簡単♪


3段目。
1シャトルで単純なリングとチェインだけの組み合わせで
複雑そうに見える段。

こういうの好き~。

目数が覚えられないのが困り者(笑)。



参考:Tatted Treasures (Jan Stawasz)



2017年05月18日

Janさん赤本ドイリー6(1段目)

 
昨日のエルサに後姿の写真を1枚追加したので、
よろしければご覧下さい♪




1段目終了。2段目突入。
まだ余裕♪




1段目は2シャトルでややこしや~。

特に最後。
外側のリングを繋げて輪に閉じてしまった後で、内側なんだよね。
しかもタティングの躓きポイントの1つである
「最初のリングのピコに繋ぐ」まである。

これは寝る前にやったらアカン奴と学習して大人しく翌日にしました。
寝る前にタティング自体をやったらアカンとは学習しない人(笑)。


2段目は一転、1シャトルでよくある三つ葉とチェインだけでスイスイ♪
糸もいよいよミックス糸に変えたので糸を楽しんでいます。


続きを読む

2017年05月16日

Janさんドイリー(赤本6) 始動♪

 
久々タティングのリハビリをようやく終えていざ本番!
↓のドイリーにしました~♪

えっと、赤本の方か。
Janさんの作品はどれも素敵で選べなくてさー。
モチーフ繋ぎが入っているのを除外しても、まだたくさんある。
そういう時は小さいのからだ!

・・・大物を作ろうという当初の目標とは矛盾するけど気にしない(笑)。





アナログ人間なので、まずはコピー(笑)。
裏返した反対側に編み図があります。


糸はリズベス80番~。
段染めは132番のTROPICAL PUNCH です。
リズベスの数ある段染めの中でもこの色がいちばん好き♪
・・・これから編むには暑苦しいだろうケド(笑)。

実はリズベス初体験。
日本ではまだ扱いが少なかったハシリの頃に
海外通販までして購入していたのに(笑)。

いきなり80番デビューは不安もありますが、
可愛い色目が編んだらどう出てくるのか楽しみ♪♪

続きを読む

2017年05月13日

80番糸の手慣らし♪

 
Janさんの編み図には慣れたので、次は細糸リハビリ。
シャトルに残っていた糸でミニモチーフをば。




黄緑~白~紫のミックス糸の黄緑だけ少し残っていたのが
DMCの…推定スペシャルダンテル。
米国に行った時に実店舗で買った物で商品名もパッケージも違ったけど。
多分。

白糸の方はたっぷり残っていたDMCのコルドネスペシャル80番。


最初に作ったのは右下の。
sumie さん達の共著本より sumie さんのビオラ。

良く確認しないで適当に選んで編み始めたら、
ジョセフィンノットが含まれていて青ざめる(笑)。
細糸でジョセフィンノット…、絶対に絞りきれない…と
恐る恐る引いてみたら、そこは糸の力かするっと締まった♪
さすがDMC。

他には特に難しい所もなく編みやすいモチーフでした♪

続きを読む