タティングレース

2017年06月16日

ヤーンホルダーを作りたい

 
ローズガーデンに手を出すなら、ヤーンホルダーが欲しいところ。
ほとんどが「シャトル+糸玉」のデザインだし。
大作は編みあがった所が引っかかるから、
糸玉から伸びる糸はなるべく短くして作業したいし。

前にもリズベスのアレが出た時に、作った事があるんだけどねー。
えっと…、コレ()。
近年は小さなモチーフ位しか手がけていなかったから使っていなかったのを
久しぶりに引っ張り出してみたところ…。

・・・
・・・
重い…。

作った5年前には全く問題なかったのに、
ここ数年で急速に身体が衰えた今となっては重い…。
これを手首に長時間かけていたら、確実に肩凝りか腱鞘炎になる…。


ここは1つ思い切って新しく作りましょう♪




続きを読む

2017年06月14日

お次は…。

 
Janさんドイリーは完成したよ~。
仕上げをヤル気が出ない…(笑)。

次!
ずっと勇気が出なかったけど、超大作に挑戦しようかと。
準備だけは随分前から終えていました。




編み図が3ページにも及ぶアレです。
日本人タッターとしてドイリー好き♪を名乗るなら、
途中で挫折するにしても1度は手を出してみるべきかと思ってさ。


自分の中でのタティング熱がぼちぼち落ち着いてきているのと、
手汗の季節の到来でそろそろタティングもシーズンアウトなので、
今から超大作に手を出すのも、タイミングが悪いんだけどねー。

数年サイクルで訪れるタティング熱が次に来る時には
もう目がやばそうだしね。
数年がかりで少しずつ隙間時間を繋いで進めようかなと。
思い切ってみます~。

続きを読む

2017年06月12日

「Tatting with Anne Orr」

 
少し前に購入したタティングの洋書~。
(私が購入した時に比べて随分と価格が下がってる…(涙))




Anne Orr さんのタティング本、再販されていたんだね~♪
以前の物と表紙が変わっていますがISBNは同じで上書きされたのか、
アマゾンから前の商品ページが消えてしまっているようですが…。

某大御所の超有名作品のパク…ごほごほ…元というアレです。
緩い時代がありました(笑)。


1935年に出版された本が1989年に今の出版社で復刻されていたんですね。
私が「タティングレース」なるものを知ったのが2000年前後ですが、
「アマゾンで洋書を買う」のが一般化したのっていつだっけ?
とにかく、この本の存在を知った時には既に復刻版も古い本だったんです。

で、ね。
それだけ古い本が現役で販売されているなら、
これからもいつでも買えるし~、他に欲しいのがいくつもあるし~と
後回しにされ続けた結果、気付いたら絶版ですよ。
中古にプレミアついちゃってますよ。
おー、のう!

今回の再販を知った瞬間にポチったね♪
(為替相場も意識せずにね。そして後悔中(笑))

続きを読む

2017年06月10日

タティングレース ほどきの極意(笑)

 
Janさんドイリー、最後の最後で大ポカをやらかしましてん。
詳細はいずれ…書くかどうかはまだ決めていませんが、
とにかく完成した!と思った瞬間にミスが発覚して
半周以上(12模様中7模様分)をほどく羽目になったとご承知下さい。

それだけほどけば、ほどき方のコツも掴むというもので。
今回は特に個人的に大発見があったのでまとめておこうと。


タティングほどき、三種の神器~♪♪




・極細目打ち
・ピンセット
・糸巻き器



最近作った糸巻き器はともかく、
ピンセットも今回初めて使ったのですが便利なんだね~。
リングを広げるにも今までは極細目打ちでピコの隙間から
指でつまめる長さまで芯糸を引っ張りだしていたのですが。
ピンセットだと1,2mmの隙間さえ空けばつまめるし、力も要らない。
手で引き出すよりもずっと楽々~♪♪

続きを読む

2017年06月08日

Janさん赤本ドイリーVI(7/8段目)

 
今回は寄ってみる。
これはこれで受ける印象が実物と違ってしまっているという(笑)。
写真マジックとしては面白いけど、難しいな。




・7段目
前回書くのを忘れましたが、この段は
編み図が間違っている疑惑あり。
ピコの数が合わず、左右対称にならないのですが。
見本写真をガン見して、正しいと思われる方に合わせて変更しています。

結局、最後まで2シャトルで通しました。
糸の必要量は計算せずに常にMAX巻きですが、
2シャトルとも途中で継いだら、大量に余った。

外側になってきて円周そのものは長くなっているはずですが、
リングが小さいとあまり糸が減らないのね…。
最終段もリングが小さいので、大量余りが確定(笑)。


・8段目
いよいよ最終段~♪
いちばん外側のチェインにはピコがないのね。
最終段のピコの有無がクラシカルと現代風の分かれ目?

続きを読む