Crowns Surround ♪(英語 de かぎ針編みへの道(3・完))Cinderella その1

2018年05月05日

一筆書きFRANCESCA♪

 
少し前に出来上がっていた一筆書きタティングも
仕上げしました~♪




無事に平らになったよ~♪
ロングチェインがかなり怪しいが(笑)。
とりあえず平らな円になったので良し!




因みに仕上げ前。




色々酷いが、赤い矢印の先…。
繋ぎ間違えてた…(涙)。

複雑な内側で捩れたまま繋いでしまったりは
やらかしていそうだと思ったら、
こんな分かり易い外周でミスってました。
何で気付かなかったかなー。

気付かなかった振りは出来ないミスなので、切開してやり直し。


1模様で使う糸量が一目瞭然で
必要長が計算しやすい段染め糸なのに、
始点を勘違いしていて盛大に余らせたのですが。
(片方はきっちり使い切った♪)

こんな所で役にたったよ…。
それでも糸見本()用のミニモチーフも作っても、
まだかなり余ってるが(笑)。


初めての一筆書きはと言うと。
面白かった~♪♪
図案を読み解くのが少々難解でしたが、
その分、パズル的な楽しさがあった♪

この本はほとんどが一筆書き作品ですが、
そうとは知らずにドイリー本として購入していました。
シリーズで集めていたというのもあります。

最初は一筆書きは同じ作業の繰り返しになるので
飽きるかと思ったのですが。
6リピートだと飽きる間もなく楽しいだけで終わった♪

最初と最後は繋ぎ用のピコとジョイントが
他と変わってくるから単純な繰り返しではないしね。


ただ、40番糸はミスチョイスだったかなー。

リングもチェインも目数が多く余白が多めのデザインなので、
40番だと巨大になりました。
濃い目に糊付けしてかっちり固めてみましたが、
それでも少々頼りない。
…下手っぴロングチェインがダブついているせいもある(笑)。

段染め糸はグッドチョイスだった♪
糸の動きが複雑なので色の変化が規則的にならず
面白い効果が生まれたと思う。


一筆書きが楽しかったので、
もっと細い糸で他の作品を編んでみたいな。
ローガンズのタティングは120番はアウトでしたが、
40番だとまだ平気でした。
80番はどうだろう…?



40番レース糸、直径24cm
参考:




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Crowns Surround ♪(英語 de かぎ針編みへの道(3・完))Cinderella その1