2017年05月09日

ボビン式シャトルの糸巻き機♪

 
晴れてタティングを解禁したので…。
今までは「かけもちは2つまで!」のマイルールを犯しながら
自分の気持ち的にはコソコソやっていた(笑)。

いよいよ新しいボビン式シャトルデビューだ。
まずはボビンに糸を巻かないとね。
ツイッターで教えてもらった100均のミキサーを試すのだ。

材料調達だけは素早かったコレ↓。




100均(ダイソー)だけど150円也のカプチーノミキサー。
これにそのまま割り箸をテープで止めただけでも巻けましたが…。
頭のぐるぐるが邪魔なので…。

こう↓してみた。




発案者さん達はもっと手の込んだ改造を施されていましたが、
工具が使えない私には難しそうだったので…。
真ん中位でチョッキンしただけ(笑)。

それさえも私の力ではどうしようもなくて、やってもらったという。
割り箸は一応自分で大きな事務用バサミで切ったけど、
切りっぱなしで雑な仕事になるのが私の工作(笑)。


最初は割り箸に直にボビンを差していましたが、
すぐに空回りし出したので、マステを巻いた上に差してみた。
それだけで結構しっかり止まってすっぽ抜け…そうではなかったけど、
高速回転で飛ばしたら悲惨なので
巻く時には上にもテープを巻いて固定してました。


結果。
あっという間に巻けるよ!
・・・すごい楽しい♪♪

でも、ちょっとふかふかになりました。
どうも巻く時にテンションの掛け方にコツがあるようです。
詳しく教えてもらったので要修行~。


あ、写真に写っている短い糸は巻き始めの捨て糸です。
ノーマルシャトルでもやっていますが、
最初に少し捨て糸を巻いておくと
糸を換える度にイチイチ結びつけなくてもいいし、
ギリギリまで使えるしでイイ事尽くめなのです。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字