2017年06月01日

ツムツム編みぐるみ34号♪

 
ひっさびさのツムツム編みぐるみが届きました~。
最新号はシンデレラ♪




今回は毛糸とフェルトだけで、
プリンセスにしては材料がシンプルですね。
毛糸の色数は多いケド♪
(今後のラインナップにプリンセスが少ないのは、
この辺り(コスト高になりがち)が原因と読んでいるのですが。)

今回はそのままでかなりイメージ通り♪♪
髪の色が濃いかな?と思ったけど、ぬいぐるみを見るとこんなもんか。
スカートを編む位でいじらなくても良さそう♪


次のフィガロはお手本が可愛くて迷ってしまったけど、
材料を見て腰が引けた(笑)。
何故、普通の黒い毛糸が2玉もあるんだろう?
同じ黒色に見えるけど、濃灰とかの2色使いなんだろうか?


5月だというのに30度を超える日が何日もあって、
毛糸編みはもう収束モードなので、いつ編めるかな~。
秋になってからか、梅雨で暑さが控えめになる間隙を縫うか。
未定。


2017年05月30日

シャトルの使い分け♪

 
間が開いてしまいましたが、シャトル語り()の続き~♪

さてさて、目出度く無事にボビン式シャトルデビューを果たしましたが。
では今後はボビン式さえあれば事足りるかというと、そうでもなかったり。
ノーマルシャトルと比べて利点は多いのですが、欠点もある。


★ボビン式のメリット
・糸を引き出すのが簡単♪ (巻き戻す方はトントン?)
・引き出す糸の長さを自由に調節できる。
・100均ミキサーを改造した糸巻き器()を使えば糸巻き楽々♪
・最初に糸玉分として長めに残したい時に引き出すのも楽々。

★ボビン式のデメリット
・巻ける糸の量が少ない。
・分厚いのでリングの最後等で狭い場所をくぐらせにくい。
・耐久性が低い?使っている内に緩くなりそう?。
 (他メーカーでは使っている間にボビンが削れるので消耗品と聞きます)

以上、いずれもノーマルシャトル比の話ね。
これね、まとめると

太糸ならノーマル♪ 細糸ならボビン式♪

に落ち着きそうです。
因みに、私にとって太糸は40番以下、細糸とは80番以上です。
その間のは使った事がないので未知数。


続きを読む

2017年05月29日

Janさん赤本ドイリーVI(4/8段目)

 
4段目が終わった所でボビン糸ホルダー用の
マルシェバッグ作成で休止していたドイリーを再開♪

・・・
・・・
80番糸の合間に20番糸を挟むものではないな(笑)。
勘が戻るのに時間を要しました。




・4段目
山型になった3段目を飾りつけ。
ピコピコしい段。

ぼちぼち編みあがった所に糸が引っかかり始めて、
編みあがった部分を捌く必要が出てきました。
小物にはない苦労なので、何だか嬉しい♪♪
大作を編んでるぜ!という充足感。

続きを読む

2017年05月27日

小花モチーフ…

 
引き続きましてお花モチーフ160番のやっかいな(笑)方。




モチーフ in モチーフ、2色使い!
しかもモチーフを繋ぎながら編んでいくタイプ。
あひゃひゃ。(←壊れた(笑))


こういうモチーフはとても可愛いと思うのです。
見た目は好きなのです。

でも、1段で色を変えねばならない小花を連ねるこのタイプは、
こんな機会でもなければ一生避けて通っていたと思われるので。
決して楽しくない事はないのですが。
たまたま色も好みだしねー。

・・・あひゃひゃひゃひゃ。(←大丈夫か?)


取りあえず。
1つ1つ糸始末をしていかないと次を編むのに邪魔なのですが、
このサイズでイケるかどうか保証がないので、まだやりたくない。
解く可能性も高いからねー。

どうしようかなー?



参考:フェリシモ「お花モチーフの会」160



2017年05月26日

タティングのマルシェバッグ♪ & ダイソーシャトル

 
Janさんドイリーはキリの良い所で一度止めて、
久しぶりに sumie さんのマルシェバッグを編んでいました~♪




作った順としては黒、ピンク、黄色の順。
2つ失敗して、3度目の正直でやっと完成しました…。

このバッグ、途中で8模様から12模様に増えるんだよね。
つまり模様のリピートが変則的。
これが苦手でねぇ…。

同じ罠に2回も引っかかって、3回目でやっと成功。
因みに、本が出た当時に作った時も引っかかったのを思い出した(笑)。


糸は20番を使ったので、大きめになりました♪
ボビンシャトルのボビンに丁度良いサイズ~♪♪

糸玉側として残した糸を巻き取ったボビンをこの中に入れて、
ボールチェーンを付けて左手の親指にかけて使う予定。
(あ、飾りのピコは糸が引っかかりそうだったので省略しています。)

ミニミニ糸ホルダーの出来上がり~♪♪

続きを読む