2017年06月13日

ころまるカエルちゃん♪

 
さて本命。
ころまるカエルちゃんを作りました~♪




丸小ビーズだとこのサイズ感。
中に芯として入れるアクリル玉が直径10mmです。
丸大ビーズのレシピですが、丸小で作りました。
ちっちゃくてカワエエ♪


小銭入れのファスナーのつまみにつけるのです。
金(かね)カエル。

元々は干支のころまる()をつけていたのですが、
小銭入れを新調したらカニカンが小さくてはまらなくなっちゃってさ。
カニカンだけ換えても良かったのですが、それは楽しくないので(笑)。

ニワトリちゃんは違う所につけて、マスコットごと新調しました~。
丁度、年上の方にちょっとしたお礼をするタイミングだったので
自分の分とお揃いで2個。


ビーズは道具を出すのが大変で腰が重くなりがち。
やっとこさ道具を出してきたついでに、
このまま来年の干支も作ってしまおうかとも思ったけど、
さすがにそんな気分にもならないので、今回のビーズ仕事はここまで~。



参考:


2017年06月12日

「Tatting with Anne Orr」

 
少し前に購入したタティングの洋書~。
(私が購入した時に比べて随分と価格が下がってる…(涙))




Anne Orr さんのタティング本、再販されていたんだね~♪
以前の物と表紙が変わっていますがISBNは同じで上書きされたのか、
アマゾンから前の商品ページが消えてしまっているようですが…。

某大御所の超有名作品のパク…ごほごほ…元というアレです。
緩い時代がありました(笑)。


1935年に出版された本が1989年に今の出版社で復刻されていたんですね。
私が「タティングレース」なるものを知ったのが2000年前後ですが、
「アマゾンで洋書を買う」のが一般化したのっていつだっけ?
とにかく、この本の存在を知った時には既に復刻版も古い本だったんです。

で、ね。
それだけ古い本が現役で販売されているなら、
これからもいつでも買えるし~、他に欲しいのがいくつもあるし~と
後回しにされ続けた結果、気付いたら絶版ですよ。
中古にプレミアついちゃってますよ。
おー、のう!

今回の再販を知った瞬間にポチったね♪
(為替相場も意識せずにね。そして後悔中(笑))

続きを読む

2017年06月10日

タティングレース ほどきの極意(笑)

 
Janさんドイリー、最後の最後で大ポカをやらかしましてん。
詳細はいずれ…書くかどうかはまだ決めていませんが、
とにかく完成した!と思った瞬間にミスが発覚して
半周以上(12模様中7模様分)をほどく羽目になったとご承知下さい。

それだけほどけば、ほどき方のコツも掴むというもので。
今回は特に個人的に大発見があったのでまとめておこうと。


タティングほどき、三種の神器~♪♪




・極細目打ち
・ピンセット
・糸巻き器



最近作った糸巻き器はともかく、
ピンセットも今回初めて使ったのですが便利なんだね~。
リングを広げるにも今までは極細目打ちでピコの隙間から
指でつまめる長さまで芯糸を引っ張りだしていたのですが。
ピンセットだと1,2mmの隙間さえ空けばつまめるし、力も要らない。
手で引き出すよりもずっと楽々~♪♪

続きを読む

2017年06月09日

ビーズのクマちゃん&ウサギさん♪

 
ビーズで作りたい物があるのですが、
ビーズは材料を出してくるのが大変でねぇ…。
取り合えず手慣らしがてら以前に買ったダイソーキットを。

イースターの頃に出たんだっけ?
イースターカラーのクマちゃんとウサギさん~♪♪




ちゃんと服も着てるの。
スタイをつけているので赤ちゃんだったらしい。




続きを読む

2017年06月08日

Janさん赤本ドイリーVI(7/8段目)

 
今回は寄ってみる。
これはこれで受ける印象が実物と違ってしまっているという(笑)。
写真マジックとしては面白いけど、難しいな。




・7段目
前回書くのを忘れましたが、この段は
編み図が間違っている疑惑あり。
ピコの数が合わず、左右対称にならないのですが。
見本写真をガン見して、正しいと思われる方に合わせて変更しています。

結局、最後まで2シャトルで通しました。
糸の必要量は計算せずに常にMAX巻きですが、
2シャトルとも途中で継いだら、大量に余った。

外側になってきて円周そのものは長くなっているはずですが、
リングが小さいとあまり糸が減らないのね…。
最終段もリングが小さいので、大量余りが確定(笑)。


・8段目
いよいよ最終段~♪
いちばん外側のチェインにはピコがないのね。
最終段のピコの有無がクラシカルと現代風の分かれ目?

続きを読む